腰痛症のロジカルマネジメント~機能評価と治療手技-スイッチバックテクニック・フラット~2018/12/2(大阪)

腰痛症のロジカルマネジメント|徒手医療協会
腰部に生じた疼痛を機能障害として理解し、痛みの根本要因の評価技術から除痛までを網羅する1Dayセミナー。 本講では、さまざまな病態を呈する腰痛症に対しての実態を明らかにし、迷わずに治療を展開するための軸となる評価プロセス(姿勢動作分析・検査)を紹介。評価から得られた結果を治療へ変換するための思考方法と機能改善のアプローチとして「スイッチバックテクニック」と「FRAT(フラット)」を実習します。臨床に直結した論理的で立体的な腰痛症への実践手法を学びます。 【腰痛症のロジカルマネジメント~機能評価と手技治療「スイッチバックテクニック」「フラット」~】 内容 「臨床のつまづきを突破したい-。」 -そのために、治療家・療法士に求められるスキルがあります。 「痛い」という患者さんの痛みの訴えだけを見てはいませんか? 患者から発せられる「痛い」という主観的な訴えは、治療を決定づける情報にはなりません。 大切なのは「痛み」を感じているその具体的な要因を探ることにあります。 当会では、神経-筋-骨格系に生じた痛みの要因をさぐり解放するカ...
More

2016/7/10. 機能回復のための「変形性膝関節症の徒手的臨床」2016(福岡)

一般社団法人徒手医療協会
セミナータイトル 疾患別臨床セミナー|機能回復のための「変形性膝関節症の徒手的臨床」2016 ~的確な除痛・機能回復へ。現場に直結する膝OA対策=理論と実践を学ぶ手技療法1Dayセミナー~ 開催日時 2016年7月10日(日)10:00~17:00 開場:9:40~ 開催場所 【福岡市中央区】 都久志会館(つくしかいかん)研修室501  会場所在地:福岡市中央区天神4丁目8-10 内容 変形性膝関節症とは 徒手医学の適応症とはなにか?:関節機能障害の理解 本当に変形した関節が痛みの原因なのだろうか?:変形は結果であって原因ではない!? 退行変性のメカニズムを理解する:組織を傷つける異常運動 痛みの原因を探る:関節・靭帯・筋筋膜、各組織への検査 関節・靭帯由来の疼痛および不安定性への対処 筋筋膜由来の疼痛への対処 質疑応答 本講のコンセプト 「変形性膝関節症」は私たちが臨床で日常的に目にする、ごくありふれた疾患でありながら「変形による痛みは治らない」と諦められてしまうことも多い疾患です。 しかし、方法を知っ...
More

伸展型腰痛(うしろに反ると痛い)のセルフケア~腸腰筋のリリース~

伸展型腰痛・アキレス腱部の疼痛のセルフケア 後脛骨筋のテニスボールマッサージ~腸腰筋のリリース~をご紹介します。 ⇒Back to VIDEO
More