上位肋骨の操作

【スイッチバックテクニックによる、屈曲した上部胸椎及び側方挙上した上位肋骨の正常化】 頸部神経根症は上位胸椎の側屈・伸展制限のために、下位頸椎椎間関節にインピンジメン­トが生じ、神経根への傷害へと発展している。 損傷を受けた神経の正常な回復のためには、上位胸郭の機能を正常化する必要がある。 (抜粋箇所)前半:実際の講義風景より、後半:講義資料用の素材より ---------------------------- 開催日:2012年4月29日 セミナータイトル:「頸椎症の徒手的臨床」 主催:一般社団法人徒手医療協会 講師:古川容司 ⇒Back to VIDEO
More