伸展型腰痛(胸郭伸展制限由来)のデモンストレーション

伸展型腰痛(胸郭伸展制限由来)のデモンストレーション 「トリガーポイント由来の腰痛」をテーマとした講義(2013/10/27)より抜粋。 介入自体は01:45から6分ほど。8分目ごろより解説が始まります。 (講師(代表古川)の「実際の治療風景が見たい」とのご要望にもお応えできる場面ともなっています) 【映像解説】 時折「このテクニックであれば何日間痛みを止められるのか?」といった質問を受けます。 この回答となるかは定かではありませんが、私は「テクニック自体が痛みを消す力を持つものではない」と考えています。 そもそも、痛みは日常で頻回に取られる姿勢や動作によって癖付いた筋膜などによって、力学的負荷の偏在、関節する骨同士の回転中心が狂うなどの異常運動が生じ、 過負荷にさらされた組織に損傷を生じたり、過緊張に陥って循環障害をきたしたりするなどの経緯で発せられます (もちろん他にも痛みが生じるシチュエーションはあるでしょう)。 これゆえに、痛みを止めるには、傷害局所への負担を除くために、局所を含む「全体の機能」を正常化すること(力学的負荷の最適な...
More

筋膜連鎖を応用した機能評価:「下腿後面深層筋群」伸張固定と「大腰筋」短縮固定のリンク

<筋膜連鎖を応用した機能評価> 姿勢評価と動作分析「見て取る技術」 「下腿後面深層筋群」伸張固定と「大腰筋」短縮固定のリンク 視診による動作分析(評価)→介入→介入後の変化の確認(再評価)のデモンストレーションを 徒手医療協会主催1Dayセミナー【坐骨神経痛の徒手的臨床】(2012/10/8開催)より抜粋し公開しています。 Back to VIDEO
More